サイトメニュー

精神病に罹ったら行うこと

悩む女性 うつ病は、精神病の一種ですが、認定基準を満たしていれば、障害年金を受け取ることが出来ます。症状度合によって1〜3級の等級に分けられ、1,2球が受給対象です。受給のためには、初診日の確認や医師による診断書、自分で記入する申請書などが必要です。

詳しく見る

うつの特徴と年金の貰い方

医者 うつ病は、様々なストレスによって起こる精神病で、年々患者数は増えてきています。障害等級が記載されている医師の診断書と、より詳しく症状が記載されている病歴・就労申立書を提出すれば、障害年金を受給することが出来ます。

詳しく見る

利用しやすい支援制度

悩む女性 悪化すると働くのも難しくなるうつ病は、障害年金を得られるので必要ならば申請手続きをしておくべきです。生活費を得られる障害年金は評価されていますが、好条件で制度を使うためには工夫をしなければいけません。

詳しく見る

療養期間の生活費に

看護師

申請時に必要となる初診日を記録しておこう

怪我や病気が原因で働けないような状態になってしまった場合には、障害者年金が支給されます。うつ病も障害者年金を受給する病気として認定されており、療養中の通院費や生活費の足しになるため注目されています。必要な条件としては、うつ病と診断されてから1年半以上経っていて今後も治療するという医師の診断です。障害年金を申請する際に重要となるのは、初診日がいつであるかはっきりとわかる事です。長い期間治療をしている人の中には、最初に診断された病院から通院先を移動していて、初診日が分かりにくくなることもあります。障害年金の審査に通るためには、初診日をきちんと記録しておくと将来申請することになった場合に安心です。原則として請求する時点で成人であることが条件となっており、病気になった年齢が未成年の時であっても成人年齢をこえれば障害年金を受給出来ることになっています。一般的には事故や生まれつきの障害で身体の機能に不自由がある人が受給するイメージで、うつ病も対象となっていることは知らない人も多いのが現状です。会社に通えない状態になり通院歴が長ければ金銭的負担もかかるのがうつ病なので、必要最低限の生活が出来るように受給するのが望ましいと言えます。すでに、病気になってからの生活が長い場合には5年までは過去の分も請求出来るので、遡って請求する人も増えています。障害者年金には1級から3級までがあり症状がひどく日常生活が自力で出来ないレベルだと1級ですが、ほとんどのうつ病の場合は2級か3級に認定されます。患者が生活しやすくなる方法として受給が注目されており、治療期間が長い人は申請を検討すると良いでしょう。

基本的に障害年金の対象になるうつ病の症状としては就業が困難であるか、もしくは労働を行う上で病気が原因で制限が起きていることが条件とされています。1級を受給する場合には、ほとんどの生活で介護をする人がいなくてはならない状態であることが条件です。具体的には、1級と診断されるためには介護がどのくらいの頻度で必要となっているかなど、詳しく申請する必要あります。入院や福祉機関などを利用している場合には、継続期間なども含めて細かく説明出来ると良いでしょう。申請を行う場所は、住民票に記載されている地域の年金課となります。最も該当する患者が多いとされているのは2級か3級で、継続する不眠や他人との関わりが困難となっているが、細かい日常のことは自力で出来る状態となります。また、支給が許可されるには1年半をこえる治療を行なったが、これからも治療を行う必要があると診断された場合です。傷病手当から障害年金に切り替える人も多く、申請可能となっている1年半を過ぎたらすぐに医師と相談して申請することも出来ます。初診日がはっきりしていることが受給許可の条件なので、長期間の治療となることが診断されている場合には早めに手続きをするのが良いでしょう。短時間のアルバイトをしながら3級の障害年金を受給している人もおり、医師の診断と症状によっては働いている状態でも治療が長期間必要であれば受給出来るケースもあります。また、うつ病が良くなり完全に社会に復帰出来る状態になった場合には、支給を止めてもらい普通に働くことも可能です。